古いドラマを観て思った幼稚園のこと

芦田愛菜ちゃんってもう今年中学生になったのですね。

有名な女子中学に合格して凄いですね、勉強も人一倍頑張ってきたことが分かります。

女優業も頑張りながら超難関の受験を乗り越えて例の中学に受かったなんて凄いですね。

まあその芦田愛菜ちゃんのドラマですが、この前友達がたまたま愛菜ちゃんがまだ小学校一年生ぐらいのときの古いドラマのDVDをくれたのです。

色々と物を処分していたみたいで、私が芦田愛菜ちゃんが好きだと知っていたのでくれたのです。

そのドラマなのですが、幼稚園に関するドラマでした。

もう二日で早速観終わってしまいましたが、ドラマを観るペースが速い私もちょっと凄いかもしれません。

「幼稚園のクラスメイトのこと覚えていますか?」というセリフが何度か出てきましたが、その一言が印象的でしたね。

大人になってから子どものときのことってどれぐらい覚えているのでしょうね。

私も立派な大人ではありますが、きっと今から何年か前にはもっと覚えていたこともあるでしょうし、自分でもよく分かりません。

でも幼稚園のことで覚えていることは限られてはいますね。

でもそもそも私の場合、幼稚園も小学校も繋がっていて同じ学校でした。

なので幼稚園も小学校の一部としての認識でしたね、私にとっては。

小学校六年生になってから「あ、私たち幼稚園で同じクラスだったよね!」と喜び合うクラスメイト同士の会話はしょっちゅうあった学校です。

幼稚園というものはそこまで特別なものだと思っていませんでした。

一般的に幼稚園と小学校と別の学校だった人の場合、どれぐらい幼稚園のことを覚えているのでしょうね。

今度友達に聞いてみようと思います。

 

 

大変重要な働きをする成分です

妊活中や妊娠中に、妊活サプリで葉酸という栄養素を意識して摂取しなかった場合、胎児の健康に影響は出る可能性があります。

元々、葉酸は普通のごはんでもそこそこ摂取できるのですが、初期には赤ちゃんの脳や神経の形成に大変重要な働きをする成分です。

ですので、妊娠中に質の良い妊活サプリなどで、葉酸を十分に補うことが大切になってくるわけですね。

ビタミンの一種として、妊活サプリの葉酸は人間が毎日摂らなければならないものです。

普通の食生活ができていれば、妊活サプリメントなどで補う必要もありませんが、特に妊娠初期に葉酸を摂ることは、胎児の発育にとって重要なのです。

そのため、葉酸をきちんと摂取できるようにしないと、葉酸が足りないことになってしまいます。

それなら、いつから妊活サプリメント類を飲むのかと思うでしょうが、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのがベストというのが一般的です。

あるいは、妊活中から摂り始めれば、最も良いという説もあるので、どんなに早く妊活サプリで葉酸を摂り始めても問題ありません。

実は妊婦にとっての必要な栄養素は、ずばり葉酸で、葉酸が不足していると、胎児の脳や神経系に障害をきたすリスクが大きくなってしまいます。

実際、いつまでに葉酸を摂取すればよいかといわれると、大体、妊娠3ヶ月以内としているため、この時期に葉酸を摂ることが必要です。

私は、妊活中から妊娠がわかったすぐ後で、妊活サプリメントで葉酸を摂り始めました。

病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと急がされましたが、では、いつまで飲めば良いのかとは言われた記憶がありません。

1袋空いたところで良いかと思い、葉酸サプリは一旦卒業しました。

ところが、授乳が終わるまで葉酸を摂った方が良いと最近聞いたので、今も妊活サプリメントで葉酸を摂っています。

ビタミンの中でも、妊活サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸は、妊娠初期の摂取で細胞分裂の障害を防ぐなど、成長を側面から助ける効果があることが知られています。

この栄養素は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆の他、ほうれん草などの葉物にたっぷり含まれています。

ですが、より手軽に摂取するためには妊活サプリメントも多数ありますから、妊活中から、妊娠中までの女性に摂取を続けることが望ましいのです。

私は思うんですが、妊娠している女性の方は葉酸を意識して摂ることが重要だと言われています。

なるべく自然に食べ物から栄養が摂れることがベストですよね。

手軽に食べられるフルーツでいうと、イチゴにキウイなどは葉酸が多く含まれているため、普段からできるだけ食べるようにするのがベストです。

葉酸というものは、あんまり普段は聞きなれない言葉ですが、妊娠すると必ず耳に入る栄養素の一つです。

母子手帳にさえ、その摂取が必要だと書かれてあるくらい重要とされる栄養素です。

そのため、積極的に摂取することをおすすめしたいです。

ドラッグストアでも、手軽に葉酸が摂取できる妊活サプリも多く売られています。